やきいも大会が行われました🍠

未満児さんは先生たちが包んだお芋を各自で落ち葉の中に入れていき、以上児さんは、ひとりひとり新聞紙を濡らしてアルミホイルでお芋を包んでいきました。明彦先生が落ち葉に火をつけてくれ、出来上がるまで「やきいもグーチーパー」を歌ったり、先生たちの「さつまのおいも」の出し物をみたりお散歩に行ったりして、ワクワクしながら出来上がりを待ちました。

出来上がりのホクホクのやきいもを食べてる子どもたちは、「あつーー!!」「あちちちちッ!」と言いながらとても美味しそうに食べていました(o^―^o)🍠