すべての子どもの権利が保障され、幸福になれる社会を目指し、そのための児童福祉に貢献します

すみれ組

S17_044教育・保育方針 3歳児

 

04sumire 年齢別とともに、たてわり保育も始りますが、子ども達は大人が思うよりも、スムーズに生活に入ることができます。ペアのお友達にも助けられながら、少しずつ慣れていきます。
3歳児になると、個々の遊びから、少しずつ友達と関わって遊ぶようになります。自己主張も強くなり、けんかも多くなりますが、相手の気持ちを知り、自分の思いも言葉で伝えられるようになります。
友達との関わりから大きく成長していく子ども達です。

 

S17_0443歳児の子どもの姿

 

≪遊び≫
・3歳児になると、個々の遊びから、少しずつ友達と関わって遊ぶようになります。自己主張が強くなり、ケンカも多くなり、ついつい言葉より先に手が出てしまうことがありますが、くり返し話していくことで、相手の気持ちを知り、自分の思いも言葉で伝えられるようになっていけたらと思っています。友達との関わりから大きく成長していく子ども達です。

≪食事≫
・箸を使って上手に食べられるようになる。
・食事中は、立ち歩かない、正しい姿勢で、マナーに気をつけて食べられるようにしていく。
・お家でも気をつけていきましょう。

≪排泄≫
・パンツで過ごし、排泄したいと自分で感じトイレへ行けるよう習慣づけていきましょう。
・個人差があるので、焦らず見守っていきましょう。

≪着脱≫
・衣類が汚れた事に気づき、自分で脱いだり着たりする。(ボタンができる)
・脱いだ物の後始末ができる。

≪親子で一緒に≫
お子さんが身の回りのことは自分で出来るように
・カバンは自分で持ちましょう。
・毎朝のタオルかけと、月曜日の座布団カバーは手助けしながら自分で出来るようにしていきましょう。

 

S17_044異年齢児保育(たてわり保育)

 

たてわり保育  (pdfファイルが開きます)

 

S17_044すみれ組のフォトアルバムへ

 

すみれ組フォトアルバムはこちらから(パスワードが必要です)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 055-252-5854 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

アーカイブ

PAGETOP